PRP治療

再生医療

毛髪再生医療について|再生医療のお話㉓

当院の毛髪再生医療は、患者様ご自身の血液由来のPRP、ACRSやVFDやヒト(ドナー)幹細胞由来のエクソソーム(幹細胞培養上清液)を利用して毛髪を増やす治療です。最近では、エクソソームが流行っていることもあり、男女を問わず多くの患者様がカウンセリングにいらっしゃいます。 PRP、ACRSやVFDの細かな違いについては、以前のコラムで詳しく解説していますのでそちらのページをご参照ください。 今回のコラムは、当院がお勧めする毛髪再生医療についてのお話です。
PRP

プレミアムPRPやぷるぷる注射の安全性

PRP療法に関しては以前のコラムでもご説明させていただきました。PRP療法には歴史があり、多くの研究から蓄積されたエビデンスをもとに、近年では、整形外科、産婦人科、眼科、形成外科、皮膚科など多分野において応用されている再生医療です。 当院がご提供するPRP療法は、PRPをお顔全体に注入して肌全体の若返りを目指したり、しわ、たるみの改善を目的とした治療です。
再生医療

お顔が老けない人は何をしているの?

お肌は年齢と共に徐々に年を取ってしまうものですが、同じ年齢だからといって同じように肌が変化するとは限りません。同じ年齢でもお肌のハリも潤いもキープし若々しい印象の方もいれば、年齢以上に肌がたるみ、潤いを失っている方もいます。今回は、肌がどのように年を取り、どのようにすれば若々しいお肌をキープできるのかについてお話します。

銀座でPRP治療ができる美容クリニックをお探しなら銀座美容メディカルクリニック(東京都中央区)

東京都の銀座駅でPRP療法の出来るクリニックをお探しなら銀座駅徒歩2分の銀座美容メディカルクリニック。経験豊富な専門医が、あなたに合ったPRPや再生医療の美肌治療のご提案を致します。お気軽に無料カウンセリングにお越し下さい。
PRP

PRP治療がエイジングケアに向いている理由とは?|再生医療のお話⑳

PRP治療は皮膚科、形成外科、整形外科、産婦人科など様々な分野で応用されている再生医療です。 PRPには傷を修復し、組織や細胞を再生する働きがありますが、この働きがエイジングケアにも応用されるようになってきています。美容医療においてはシミ、シワ、たるみ、ニキビ跡のクレーター、毛穴の開き、薄毛などの治療目的に使われています。
PRP

PRP治療とは?|再生医療のお話⑲

日本で有名な再生医療と聞いて、何を思い浮かべますか?  例えば、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「iPS細胞」は日本で再生医療研究に使われており、その臨床試験はたびたびニュースに取り上げられています。 美容医療の分野では、「PRP」「PRP治療」という再生医療が多くの人に認知されています。現在「PRP治療」は、美容クリニックや多くの医療機関で、さまざまな疾患の治療に応用されています。
エクソソーム

再生医療分野で話題になっているエクソソームとは?

エクソソームとは、細胞から放出される膜に包まれた小胞体であり、タンパク質、核酸、糖質などを含みます。 エクソソームは、様々な細胞間の情報伝達や免疫に関与し、アンチエイジングや心筋梗塞や神経疾患などの様々な疾患に治療的な効果をもたらすことがわかっています。エクソソームの活用によって再生医療の可能性がさらに広がることが期待されています。
再生医療

再生医療の効果はどのくらいもつの?|再生医療のお話⑰

再生医療の登場によって美容医療は、大きく変わり、根本的な治療ができるようになりました。当院では厚生労働省にも受理をされ、線維芽細胞治療、PRP治療のご提供をしておりますが、どの施術も人気が高く、多くの患者様がその効果を実感しています。 しかし、再生医療は安価ではないため、どの患者様にも疑問や不安が全て解消されるまで何度でもカウンセリングをお受けしています。そして、多くの患者様のカウンセリングを行う中で皆様から共通のご質問をいただく点があることに気付きました。それは、「再生医療の効果がどれくらい続くのか…」という点です。この記事では、それぞれの治療の特殊と効果の持続期間についてお話しいたします。
再生医療

再生医療には、年齢制限があるの?|再生医療のお話⑯

当院でも多くの患者様が、再生医療による施術を受け、その効果に満足されています。しかし、全ての患者様が、最初から再生医療に全くの不安や疑問がなかった訳ではありません。施術前のカウンセリングでは、どの患者様も非常に多くのご質問をされますが、その中でも共通するのが次のようなご質問です。 「再生医療には、年齢制限がありますか?何歳で始めるのがいいですか?」 「アラフィフで再生医療をするのは遅くないですか?若いころの細胞を使った方がいいですか?」 その答えは、『いくつになっても健康な方であれば再生医療を安全に受けることができ、効果を期待することができます』です。今回の記事では、再生医療を受ける際の制限などについて詳しくお話します。
再生医療

幹細胞は脂肪、骨髄、歯髄、臍帯のどれがよいの?|再生医療のお話⑮

再生医療は、すでにアンチエイジングや脳卒中後の後遺症、変形性膝関節症などの多くの治療に応用されています。前回はそれらの治療に使われている間葉系由来幹細胞について詳しくお話しました。 今回はその中でも脂肪、骨髄、歯髄、臍帯などどれ由来の幹細胞が良いのかを詳しくお話させていただきます。