ACRS

再生医療

目周りの加齢と再生医療について|再生医療のお話㉙

年齢を重ねるとともに目周りの皮膚は、加齢や紫外線などの外的刺激によって老化が進みやすいパーツです。今回のコラムでは、目についてお話したいと思います。
再生医療

フィナステリド、デュタステリドのどちらが効果的?毛髪再生医療との相性について

男性型脱毛症の治療は「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版 」において はフィナステリド 及び デュタステリド内服(飲む薬)とミノキシジル外用(塗ること)と書かれています。しかし、飲み薬についてはどちらのお薬を飲んだ方が良いかということは明記されていません。 当院でAGA治療を受ける患者様からも『どちらの飲み薬を選択すれば良いか?』というご質問を多くお受けします。今回は、AGA治療の内服薬の選択と当院の毛髪再生医療についてお話します。
再生医療

再生医療に大切となる成長因子とは

再生医療で注目される「成長因子」。 再生医療を応用した美容医療にも成長因子が非常に重要な役割を果たします。最近では、成長因 子を配合した化粧品なども増えていますが、その働きをご存知でしょうか? 今回は、成長因子について解説いたします。
再生医療

お顔が老けない人は何をしているの?

お肌は年齢と共に徐々に年を取ってしまうものですが、同じ年齢だからといって同じように肌が変化するとは限りません。同じ年齢でもお肌のハリも潤いもキープし若々しい印象の方もいれば、年齢以上に肌がたるみ、潤いを失っている方もいます。今回は、肌がどのように年を取り、どのようにすれば若々しいお肌をキープできるのかについてお話します。
再生医療

再生医療の法律について|再生医療のお話⑪

近年、注目を集める再生医療は、世界中で様々な研究が進んでいます。日本は再生医療の実用化へ大きく貢献したと言っても過言ではなく、2006年に京都大学の山中伸弥氏がマウスの表皮細胞からiPS細胞を作成することに成功し、その翌年には、ヒトiPS細胞株が樹立されました。その後もiPS細胞の研究は世界中で活発に行われ、2014年9月、理化学研究所にて世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われるなど、着実に成果を上げています。 再生医療は、これまで有効な治療法のなかった疾患の治療を可能にするといった期待が高い一方で、新しい医療であることから、安全性を確保しつつ実際の医療へと広げていくことが課題となっています
再生医療

幹細胞コスメって何?| 再生医療のお話⑩

「幹細胞コスメって普通の化粧品とどう異なるの?効果はどのように違うの?」 というご質問を多くの患者さまからお受けします。 近年、幹細胞コスメを製造するメーカーは複数あり、正直なところ幹細胞コスメの品質も様々といった印象です。また、幹細胞コスメには、大きく分けて「ヒト由来」、「植物由来」、「動物由来」と呼ばれる3つがあり、その効果は異なります。植物由来のものは、人の肌への親和性が高いとは言えず、また、動物由来はアレルギーなどを発症するリスクもあり、安全性と効果の面で見て、私がお勧めするのはヒト由来の幹細胞コスメです。 今回の記事では、幹細胞コスメについて解説しますので参考にしていただければ幸いです。
再生医療

炎症と老化の関係について|再生医療のお話⑨

加齢に伴い、私たちの体は老化していきます。肌のはりが失われ、シワやシミができる大きな原因は老化です。一般に加齢=老化と考えられていると思いますが、実は加齢≠老化であり、老化のスピードは人によって異なり、歳を重ねても老化が遅く、いつまでも若々しい人もいます。では、なぜ老化のスピードが人によって異なるのでしょうか?そこには炎症と老化の関係が隠れているのです。
再生医療

PRPやACRSの注入方法について|再生医療のお話⑧

PRP療法とACRS療法は非常に人気が高く、多くのクリニックが提供している施術ですが、実は医師の技量によってその効果は大きく異なります。PRP療法やACRS療法の注入法には、水光注射という注射と手打ちの2種類があり、それぞれに特徴があります。
再生医療

PRP療法とACRS療法の違い|再生医療のお話⑦

近年、シワやたるみの治療法として注目されるPRP療法とACRS療法は、若返りだけでなく、現在の美しさを維持するために受ける方も多く、人気の治療です。今回は、PRP療法とACRS療法の違いについてお話しします。
再生医療

線維芽細胞とPRPの関係|再生医療のお話⑥

線維芽細胞治療とPRP療法の関係性について取り上げ、線維芽細胞とPRPは相性が良く、2つの施術を組み合わせて行うことで相乗効果も発揮されます。実際に線維芽細胞治療とPRP療法を行う際、どういった施術をどの順番で行うことがより効果的かについてお話ししたいと思います。