再生医療

FGFって何?FGFを使う目的とは?|再生医療のお話㉔

FGFの正式名Fibroblast growth factorの略で線維芽細胞増殖因子という意味です。以前にも「成長因子とは?」というテーマでお話をしましたが、FGFは体内で生成される「成長因子」です。その名前の通り線維芽細胞を増殖する働きのある因子です。FGFは美肌の元となるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞という細胞を刺激して働きを促したり、線維芽細胞の分化(線維芽細胞を増やす)を促す働きがあります。
PRP

毛髪再生医療について|再生医療のお話㉓

当院の毛髪再生医療は、患者様ご自身の血液由来のPRP、ACRSやVFDやヒト(ドナー)幹細胞由来のエクソソーム(幹細胞培養上清液)を利用して毛髪を増やす治療です。最近では、エクソソームが流行っていることもあり、男女を問わず多くの患者様がカウンセリングにいらっしゃいます。 PRP、ACRSやVFDの細かな違いについては、以前のコラムで詳しく解説していますのでそちらのページをご参照ください。 今回のコラムは、当院がお勧めする毛髪再生医療についてのお話です。
再生医療

Muse細胞の安全性とメリット|再生医療のお話㉒

前回のコラムではMuse細胞とは東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授が発見した様々な細胞に分化する多能性幹細胞で、私たちの骨髄や血液、各臓器にもともと備わっており、日々傷ついた臓器や組織を修復し身体の恒常性を維持していていることをお話ししました。そのMuse細胞による治療の安全性とメリットについてお話します
再生医療

Muse細胞とは|再生医療のお話㉑

 再生医療の研究が進む中、今、注目されるMuse細胞をご存知でしょうか?Muse細胞とは東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授が発見した様々な細胞に分化する多能性幹細胞です。
再生医療

再生医療に大切となる成長因子とは

再生医療で注目される「成長因子」。 再生医療を応用した美容医療にも成長因子が非常に重要な役割を果たします。最近では、成長因 子を配合した化粧品なども増えていますが、その働きをご存知でしょうか? 今回は、成長因子について解説いたします。
PRP

プレミアムPRPやぷるぷる注射の安全性

PRP療法に関しては以前のコラムでもご説明させていただきました。PRP療法には歴史があり、多くの研究から蓄積されたエビデンスをもとに、近年では、整形外科、産婦人科、眼科、形成外科、皮膚科など多分野において応用されている再生医療です。 当院がご提供するPRP療法は、PRPをお顔全体に注入して肌全体の若返りを目指したり、しわ、たるみの改善を目的とした治療です。
再生医療

保険適用になる再生医療とは|再生医療のお話⑳

近年、再生医療が様々な疾患の治療や美容医療に応用されるようになり、治療の幅が大きく広がっています。美容医療では、再生医療によって肌の『若返り』も可能になり、注目を集めていますが、「再生医療は高そう。。。」というイメージを持っている患者様も多いのではないでしょうか?しかし、再生医療にも保険適応になるケースがあります
再生医療

テロメアをのばす治療

実はテロメアをのばす治療は身近にあるのです。今日は2つの治療方法をご紹介します。 それはエクソソーム点滴(幹細胞培養上清液)とNMN点滴です。先日、「カズレーザーとまなぶ」というテレビ番組でエクソソームが取り上げられ、エクソソーム点滴は大変ブームとなりました。 これらを定期的に点滴をすることでお体を構成する細胞のテロメアの短縮を予防することができると言われています。
再生医療

テロメアテストから何がわかるの?

予防医療が大切であることはすでに提唱されています。積極的な病気の予防や早期発見のためのプログラムが注目される中で、自分が一体どの状態にいるかを知ることは非常に重要です。 前回はテロメアとそれに連続しているGテールのお話をしました。 今日はそれを踏まえてテロメアテストが何なのか、その結果からどういうことがわかるのかをお話させていただきます。
再生医療

細胞の寿命に関わるテロメアとは

テロメアテストとはご存じですか? テロメアテストとは病気をいち早く発見し、その予防につなげる検査です。テロメアテストでは「テロメア強度」をあらわすテロメア長と「テロメア疲労度」をあらわすGテール長を測定することで遺伝子レベルの健康状態を把握することができます。ではこのテロメアとGテールが何かというお話からしていきたいと思います。