NMN

ALA(アミノレブリン酸)とは

人間の寿命は生物学的に120歳まで生きることが可能だと言われます。しかし、様々な理由から100歳を迎えるまでに亡くなってしまう方も少なくありません。その理由として幾つかの仮説が立てられており、その中でも体のエネルギーを作るミトコンドリアが加齢によって機能低下を来たし、老化を誘導する「老化ミトコンドリア原因説」は、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか? 老化ミトコンドリア原因説では、加齢に伴って mtDNA(ミトコンドリアDNA)に突然変異が蓄積し、その蓄積した突然変異によってミトコンドリア呼吸機能が低下することが老化の原因と考えられています。 つまり、若々しく健康な体を保つためには、ミトコンドリアの機能が重要となります。 実は、今、ミトコンドリアの機能を促進してくれるALA (アミノレブリン酸)という物質に注目が集まっています。 今回は、ミトコンドリアとALAについてお話したいと思います。
再生医療

再生誘導医薬とは|再生医療のお話㉗

次世代の再生医療と期待される再生誘導医薬をご存知でしょうか? これまでのコラムでも繰り返しお話していますが、再生医療とは、病気やケガで失われた体の機能の再生をはかる医療であり、細胞や組織の移植によって再生が促されます。これに対し再生誘導医薬とは、細胞や組織の移植を行わず体が持つ「再生能力を引き出す医薬品」です。実は、再生誘導医薬の開発においては日本がリードしており、世界から注目されています 今回は、再生誘導医薬について再生医療と比較しながら解説していきます。
再生医療

再生医療等製品とは|再生医療のお話㉖

再生医療とは、病気やケガで失われた体の機能の再生をはかる医療です。これまでの治療法では治すことができなかったケガや病気を再生医療によって回復できる可能性があります。また、再生医療の技術は様々な研究に利用され、難病の原因解明や薬の開発も進められています。 そういった研究の中から生まれた製品の一つに「再生医療等製品」があり、従来の医薬品では難しかった病気の治療への実用化が期待されています。再生医療等製品は、生きた細胞や組織を加工(培養、活性化、分化誘導等)して作成され、細胞を用いて疾患を治療する細胞治療とDNAやmRNAなどの遺伝子を用いて疾患を治療する遺伝子治療があります。 現在、国内で承認された再生医療等製品 は現段階で約20製品あり、実際の治療の際は保険適用となります 再生医療にかかわる法律には2つの法律があり、 再生医療等製品は医薬品医療機器等法に基づき 審査承認されます。
再生医療

再生医療を受ける際のクリニック選び|再生医療のお話㉕

前回のコラムで「美容クリニックの選び方」についてお話をしましたが、今回は一歩進んで「再生医療を受ける際のクリニック選び」についてお話したいと思います。
再生医療

一般的な美容クリニックの選び方〜情報収集について〜

どのようにしてクリニックを探せばよいのかをお話させていただきます。
再生医療

FGFって何?FGFを使う目的とは?|再生医療のお話㉔

FGFの正式名Fibroblast growth factorの略で線維芽細胞増殖因子という意味です。以前にも「成長因子とは?」というテーマでお話をしましたが、FGFは体内で生成される「成長因子」です。その名前の通り線維芽細胞を増殖する働きのある因子です。FGFは美肌の元となるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞という細胞を刺激して働きを促したり、線維芽細胞の分化(線維芽細胞を増やす)を促す働きがあります。
再生医療

毛髪再生医療について|再生医療のお話㉓

当院の毛髪再生医療は、患者様ご自身の血液由来のPRP、ACRSやVFDやヒト(ドナー)幹細胞由来のエクソソーム(幹細胞培養上清液)を利用して毛髪を増やす治療です。最近では、エクソソームが流行っていることもあり、男女を問わず多くの患者様がカウンセリングにいらっしゃいます。 PRP、ACRSやVFDの細かな違いについては、以前のコラムで詳しく解説していますのでそちらのページをご参照ください。 今回のコラムは、当院がお勧めする毛髪再生医療についてのお話です。
再生医療

Muse細胞の安全性とメリット|再生医療のお話㉒

前回のコラムではMuse細胞とは東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授が発見した様々な細胞に分化する多能性幹細胞で、私たちの骨髄や血液、各臓器にもともと備わっており、日々傷ついた臓器や組織を修復し身体の恒常性を維持していていることをお話ししました。そのMuse細胞による治療の安全性とメリットについてお話します
再生医療

Muse細胞とは|再生医療のお話㉑

 再生医療の研究が進む中、今、注目されるMuse細胞をご存知でしょうか?Muse細胞とは東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授が発見した様々な細胞に分化する多能性幹細胞です。
再生医療

再生医療に大切となる成長因子とは

再生医療で注目される「成長因子」。 再生医療を応用した美容医療にも成長因子が非常に重要な役割を果たします。最近では、成長因 子を配合した化粧品なども増えていますが、その働きをご存知でしょうか? 今回は、成長因子について解説いたします。