NAD+とNMNはどちらがよいの?

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化するとして注目が集まるNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)ですが、NMNは、NAD+の前駆体(生成前の物質)であり、言い換えるとNMNが変換されてNAD+になります。そして、NAD+がサーチュイン酵素の活動を高めることでサーチュイン遺伝子が活性化することが分かっています。

サーチュイン遺伝子が活性化すると、老化した細胞に働きかけ修復し、細胞が若返るため、様々な効果が期待できます。

NAD+とNMNの関係性について

上記で説明しましたようにNMNは体内で変換されてNAD+になります。

『それならば老化を止めるのには不足したNAD+自体を補充するほうが効果的では?』と思う方も多いかもしれません。

しかしNAD+は食薬区分(サプリメントや医薬品としての分類)でも登録されておらず、日本国内ではサプリメントとして使用することができません。さらにNAD+を投与しても、分子が大きすぎて細胞に取り込まれずに成果を発揮できないと言われています。また、NAD+は物質としても不安定であるため、NAD+に変化する前の前駆体であるNMNを投与または摂取する方法に到達したのです。

よって多くのクリニックはNAD+ではなくNMN療法をおすすめしています。

NMNの効果

ワカサプリ NMN 

エイジングケアサーチュイン遺伝子を活性化

神経疾患:神経の機能障害を回復

糖尿病:血糖値の異常を改善

眼機能:眼の老化を防止

アルツハイマー病:発症を予防

脳内出血:老化による血管不全の解消・抗酸化作用によって予防

肥満:ミトコンドリアを活性化し、代謝をアップ

NMNは点滴とサプリメントがありますが、効果をより早く実感していただくには点滴がおすすめです。

NMN点滴で体感できる効果

当院でNMN点滴を受けた患者さまの多くが下記のような効果を体感されています。

  • 疲労回復効果
  • 疲れにくくなる
  • 代謝が上がり、痩せやすい体質になる
  • 肌のつや、きめが改善する
  • 眠りやすくなる
  • 集中力、思考力の向上

もちろん、NMNサプリメントにも効果があります。

別のコラムでNMNの投与の方法について解説し、サプリメントの内服と点滴の違いなどをお話していきます。

タイトルとURLをコピーしました