Muse細胞の安全性とメリット|再生医療のお話㉒

関根彩子
関根彩子

前回のコラムではMuse細胞とは東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授が発見した様々な細胞に分化する多能性幹細胞で、私たちの骨髄や血液、各臓器にもともと備わっており、日々傷ついた臓器や組織を修復し身体の恒常性を維持していていることをお話ししました。

自分の幹細胞を自分に投与するのは理解できますが、他人由来の幹細胞であるMuse細胞を自分に投与することができるのに驚きました。もっと安全面について詳しく知りたいです。

関根彩子
関根彩子

はい、そのMuse細胞による治療の安全性とメリットについてお話しますね。

Muse細胞の安全性

再生医療を大きく進展させたとも言えるiPS細胞やES細胞には、治療への期待も大きい反面、懸念される問題点もあります。ES細胞は人の受精卵由来であることから『人の生命の始まりを犠牲にしている』という見方もあり、倫理的な問題点があり、iPS細胞は人工的に作られた人工細胞で、まだ解明されていない点もあります。また、ES細胞とiPS細胞はどの細胞にも分化し得る全能性の幹細胞であるが故に投与した後に効果を発現する過程で腫瘍化してしまう可能性があります。

これに対し、Muse細胞はもともと人の体の中にある間葉系由来幹細胞であるため、腫瘍化する心配が極めて少なく安全性が高いと言えます。

Muse細胞のメリット

iPS細胞やES細胞によって再生医療を行う際には、『分化誘導』が必要となります。この分化誘導には、遺伝子を加えたり、なんらかの転写因子を加える必要があります。

例えば、滲出型加齢黄斑変性の患者様に、患者様のiPS細胞から作成した網膜色素上皮(RPE)細胞のシートを移植する手術が日本で初めて行われましたが、これはiPS細胞を人工的に網膜の細胞に近い状態に変身させて、それをシートにして移植しています。

これに対し、Muse細胞の場合は点滴すると自然に障害が起きた組織へ幹細胞がたどり着き、その場所で様々な細胞に分化し、傷ついた細胞を分化した新しい細胞に置きかえて組織を修復します。

そして最大のメリットは他人由来のMuse細胞を点滴しても拒絶反応が起きないということです。通常は他人の細胞が体の中に入ってきたら免疫細胞によって排除されます。それによってアナフィラキシー反応が起き、血圧が低下や頻脈、呼吸困難などの症状が起こり、最悪の場合、死に至ることもあります。他人の血液や臓器を輸血したり移植するときは、アナフィラキシーを防ぐために白血球の型であるHLA(ヒト白血球抗原)を適合させたり、免疫抑制薬を投与する必要があります。

しかし、Muse細胞による治療では、そういった必要がありません。少し難しい話になりますが、なぜMuse細胞に拒絶反応が起こらないのかというと、Muse細胞がHLA-Gという免疫細胞の攻撃から逃れる特殊なタンパク質を発現する仕組みが備わっているからです。

現在はまだ臨床試験の段階ですが、Muse細胞が製品化されて、それを購入して簡単に点滴を行うことができるようになれば、様々な病気が治せる時代がくるかもしれません。

次回はMuse細胞のデメリットについてお話していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました