再生医療

間葉系由来幹細胞治療

間葉系由来幹細胞点滴の安全性とは?|再生医療のお話㉜

最近、間葉系由来幹細胞点滴の安全性にふれた論文が発表されていましたのでそのひとつをご紹介します。
再生医療

皮膚の再生医療とは?線維芽細胞移植の始まり|再生医療のお話㉛

当院では自由診療でお顔のアンチエイジングのための真皮線維芽細胞移植を行っています。真皮線維芽細胞移植は、もともと火傷の治療で行われ、その効果は証明されていました。そして、真皮線維芽細胞移植は本日お話しする培養表皮の技術、理論を応用してアンチエイジングの治療に応用されるようになりました。 本日は、以前お話しした再生医療等製品のひとつである皮膚の再生医療、主にやけど治療に使われている「自家培養表皮」についてお話しします。
間葉系由来幹細胞治療

エステで受ける「幹細胞治療」とクリニックで受ける「幹細胞治療」の違い|再生医療のお話㉚

美容医療の分野において『再生医療』が注目される昨今、『先日、エステで幹細胞治療を受けました』という声を聞くことがあります。そう話す方の多くは、ご自身が再生医療を受けたと思っているようです。しかし、エステで再生医療を行うことはできません。もし、再生医療の施術を行っているエステがあれば、それは違法です。 今回はエステで幹細胞治療と呼ばれる施術とクリニックなどの医療機関で受ける幹細胞治療の違いについてお話します。
再生医療

目周りの加齢と再生医療について|再生医療のお話㉙

年齢を重ねるとともに目周りの皮膚は、加齢や紫外線などの外的刺激によって老化が進みやすいパーツです。今回のコラムでは、目についてお話したいと思います。
再生医療

お肌の細胞を増やす再生医療についてオンラインセミナーを開催しました|再生医療のお話㉘

当院には全国からお客さんがお身体の再生医療、お顔の再生医療のカウンセリングにいらっしゃいます。オンライン診療を受けられる方もいらっしゃいます。 本日は当院はじめての試みで再生医療のオンラインセミナーを開催し、多くのお客様に参加していただきました。 今回はそのときにお話しさせていただいたことを少しだけ書かせていただこうと思います。
再生医療

再生医療ってどように申請するの?

当院でも再生医療を積極的に行っています。再生医療はどこでもできる治療ではありません。申請手続きを経て厚生労働省に受理されたクリニックでしか治療を受けることはできません。
再生医療

千葉テレビ「魚住りえのカイシャを伝えるテレビ」に出演させていただきました。

先日、私、関根彩子は千葉テレビ「魚住りえのカイシャを伝えるテレビ」に出演させていただきました。放送内では、私がどのようなきっかけで再生医療を突き進めることになったか、当院の思いを簡潔にまとめていただいています。ぜひご覧になっておただけるとう...
PRP

フィナステリド、デュタステリドのどちらが効果的?毛髪再生医療との相性について

男性型脱毛症の治療は「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版 」において はフィナステリド 及び デュタステリド内服(飲む薬)とミノキシジル外用(塗ること)と書かれています。しかし、飲み薬についてはどちらのお薬を飲んだ方が良いかということは明記されていません。 当院でAGA治療を受ける患者様からも『どちらの飲み薬を選択すれば良いか?』というご質問を多くお受けします。今回は、AGA治療の内服薬の選択と当院の毛髪再生医療についてお話します。
再生医療

再生誘導医薬とは|再生医療のお話㉗

次世代の再生医療と期待される再生誘導医薬をご存知でしょうか? これまでのコラムでも繰り返しお話していますが、再生医療とは、病気やケガで失われた体の機能の再生をはかる医療であり、細胞や組織の移植によって再生が促されます。これに対し再生誘導医薬とは、細胞や組織の移植を行わず体が持つ「再生能力を引き出す医薬品」です。実は、再生誘導医薬の開発においては日本がリードしており、世界から注目されています 今回は、再生誘導医薬について再生医療と比較しながら解説していきます。
再生医療

再生医療等製品とは|再生医療のお話㉖

再生医療とは、病気やケガで失われた体の機能の再生をはかる医療です。これまでの治療法では治すことができなかったケガや病気を再生医療によって回復できる可能性があります。また、再生医療の技術は様々な研究に利用され、難病の原因解明や薬の開発も進められています。 そういった研究の中から生まれた製品の一つに「再生医療等製品」があり、従来の医薬品では難しかった病気の治療への実用化が期待されています。再生医療等製品は、生きた細胞や組織を加工(培養、活性化、分化誘導等)して作成され、細胞を用いて疾患を治療する細胞治療とDNAやmRNAなどの遺伝子を用いて疾患を治療する遺伝子治療があります。 現在、国内で承認された再生医療等製品 は現段階で約20製品あり、実際の治療の際は保険適用となります 再生医療にかかわる法律には2つの法律があり、 再生医療等製品は医薬品医療機器等法に基づき 審査承認されます。