NMN

NMN

更年期障害とNMNの関係

毎月のように「なんとなく体調はすぐれない...」といった日が数日続くという女性は少なくありません。 その原因は『女性ホルモン』かもしれません。 女性の体は、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が、1ヶ月のリズムで変動し、コントロールされています。女性ホルモンが増えたり、減ったりする際には、非常に多くのエネルギーを必要とし、ATPというミトコンドリアが作り出すエネルギーが使われています。 女性の一生を女性ホルモン中心に見ると、8歳ぐらいからエストロゲンの分泌が始まり、このエストロゲンの影響で女性らしい体になっていきます。そして、20代をピークに徐々に分泌量が減少し、50歳頃に閉経を迎えます。その前後10年間ぐらいが、更年期と呼ばれます。 エストロゲンは脳からの指令によって分泌されます。脳がホルモンを出すように指令を出すと、卵巣のミトコンドリアが働き、エストロゲンが作られます。ミトコンドリアの量と活性が保たれている間は、エストロゲンがたくさん作り出されています。しかし、加齢に伴い、ミトコンドリアの量も活性も低下するとエストロゲンを十分に作り出せなくなってしまいます。その結果、卵巣の働きが低下し、更年期障害が引き起こされます。
エクソソーム

更年期障害に効果のあるエクオールサプリ「エクエルプチ」の取り扱いを始めました!

更年期障害に有用なエクオール、「エクエルプチ」の取り扱いを始めました。 エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしており、大豆イソフラボンが腸内細菌により代謝されることで産生されます。そして体内に吸収され、女性ホルモンのエストロゲンとには働きや抗酸化作用があります。
NMN

ALA(アミノレブリン酸)とは

人間の寿命は生物学的に120歳まで生きることが可能だと言われます。しかし、様々な理由から100歳を迎えるまでに亡くなってしまう方も少なくありません。その理由として幾つかの仮説が立てられており、その中でも体のエネルギーを作るミトコンドリアが加齢によって機能低下を来たし、老化を誘導する「老化ミトコンドリア原因説」は、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか? 老化ミトコンドリア原因説では、加齢に伴って mtDNA(ミトコンドリアDNA)に突然変異が蓄積し、その蓄積した突然変異によってミトコンドリア呼吸機能が低下することが老化の原因と考えられています。 つまり、若々しく健康な体を保つためには、ミトコンドリアの機能が重要となります。 実は、今、ミトコンドリアの機能を促進してくれるALA (アミノレブリン酸)という物質に注目が集まっています。 今回は、ミトコンドリアとALAについてお話したいと思います。
再生医療

テロメアをのばす治療

実はテロメアをのばす治療は身近にあるのです。今日は2つの治療方法をご紹介します。 それはエクソソーム点滴(幹細胞培養上清液)とNMN点滴です。先日、「カズレーザーとまなぶ」というテレビ番組でエクソソームが取り上げられ、エクソソーム点滴は大変ブームとなりました。 これらを定期的に点滴をすることでお体を構成する細胞のテロメアの短縮を予防することができると言われています。
再生医療

テロメアテストから何がわかるの?

予防医療が大切であることはすでに提唱されています。積極的な病気の予防や早期発見のためのプログラムが注目される中で、自分が一体どの状態にいるかを知ることは非常に重要です。 前回はテロメアとそれに連続しているGテールのお話をしました。 今日はそれを踏まえてテロメアテストが何なのか、その結果からどういうことがわかるのかをお話させていただきます。
再生医療

細胞の寿命に関わるテロメアとは

テロメアテストとはご存じですか? テロメアテストとは病気をいち早く発見し、その予防につなげる検査です。テロメアテストでは「テロメア強度」をあらわすテロメア長と「テロメア疲労度」をあらわすGテール長を測定することで遺伝子レベルの健康状態を把握することができます。ではこのテロメアとGテールが何かというお話からしていきたいと思います。
エクソソーム

MNMとエクソソーム、どちらがよいの?

アンチエイジングや若返りに効果があるとして注目が集まる『NMN』と『エクソソーム』ですが、「NMNとエクソソームの違いがよくわからない、どっちがよいの?」というご質問をよくお受けします。医療の進歩で次々と新しい治療が出てきますのでそれぞれの治療法の特徴を理解するのは、なかなか大変ですよね。 今日は『NMN』と『エクソソーム』についてお話します。
NMN

NMNとサーチュイン遺伝子について

NMNのサプリメントや点滴注射が流行っていますね。 NMNは「ニコチンアミドモノヌクレオチド」の略称で、元々、体内に存在している成分です。 NMNに関して正しくご理解いただくためには、『NAD+』について触れる必要があります。今回は、NAD+についてのお話をしていきます。
NMN

NAD+とNMNはどちらがよいの?

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化するとして注目が集まるNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)ですが、NMNは、NAD+の前駆体(生成前の物質)であり、言い換えるとNMNが変換されてNAD+になります。そして、NAD+がサーチュイン酵素の活動を高めることでサーチュイン遺伝子が活性化することが分かっています。 サーチュイン遺伝子が活性化すると、老化した細胞に働きかけ修復し、細胞が若返るため、様々な効果が期待できます。
NMN

NMN点滴と内服(サプリメント)のメリットとデメリット

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、「長寿遺伝子」や「若返り遺伝子」と言われるサーチュイン遺伝子を活性化することから、実年齢よりも若々しく健康的な身体機能を保つという効果があることをお話しました。 NMNを摂取する方法は、食事、サプリメント、点滴の3つがありますが、食事からNMNを摂取することは難しく、NMNの摂取方法は、サプリメントと点滴が適しています。 最近では、NMNに注目が集まり、多くのクリニックでNMN点滴を行っていますね。また、クリニックのみならずインターネットでは多くのメーカーがNMNサプリメントを製造販売しています。 当院では、NMN点滴とサプリメントの両方をご提供していますが、患者様からは「NMNはサプリが良いの?点滴が良いの?」という質問を多くお受けします。 それぞれに良さがありますので、今回は、NMNの摂取方法についてお話します。