更年期障害に効果のあるエクオールサプリ「エクエルプチ」の取り扱いを始めました!

当院には更年期障害を緩和するプラセンタ注射、NMN点滴やNMNサプリ、エクソソーム注射などが人気ですが、更年期障害に有用なエクオール、「エクエルプチ」の取り扱いを始めました。

エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしており、大豆イソフラボンが腸内細菌により代謝されることで産生されます。そして体内に吸収され、女性ホルモンのエストロゲンとには働きや抗酸化作用があります。

女性の約半数が腸内でエクオールを産生できない

エクオールの産生能には個人差があり、賛成できる人と賛成できない人がいます。日本人では50%の人しかエクオールを産生できず、若い人では20~30%の人しか産生できません。10歳までに大豆や納豆をたくさん摂取した人は後々、産生する能力が高くなると言われています。欧米ではそこまで大豆を食べる週間がないので欧米人のエクオールの産生能はかなり低いようです。

エクオールを産生することができない人はエクオールのサプリ「エクエルプチ」がおすすめです。

毎日10mg(1日の目安量)のエクオール摂取による効果

  • 更年期障害
  • 肌のしわやつやの改善
  • 手のいたみやこわばりの改善
  • 脂質代謝の改善
  • 骨粗しょう症の改善

更年期障害の改善

女性ホルモンのエストロゲンは女性の体のさまざまな機能を調整する働きを担っています。そのため、更年期以降に現れる多くの不調は更年期をきっかけとしたエストロゲンの急激な減少が関係していると考えられています。

そんな方にはエクオール・サプリメントのエクエルプチのがお勧めです。

産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020より

ガイドラインにも大豆イソフラボンが更年期症状の緩和に効果があることが示されております。

女性ホルモンと同じように働くエクオールを毎日摂取することでエストロゲンの欠乏を補うことで更年期の代表的な症状であるホットフラッシュや首・肩こりを改善することが報告されています。

骨粗しょう症の改善

閉経前後の女性は、エストロゲン分泌減少に伴い、骨密度が低下します。

エストロゲンの分泌量が低下すると10年間で約20%の骨量が減少すると言われています。

エクオール・サプリメントの1年間の服用で、骨密度の減少が約40%抑えられたとの報告があります。閉経前から、適切な運動習慣や食生活の改善とともに、エスオール・サプリメントの服用を習慣にすることもいいと思います。

手の痛みやこわばりに関する効果

全身の関節の周囲にある膜に、エストロゲンの受け皿が存在しており、エストロゲンの血中濃度が低下すると、関節や腱に炎症が起こりやすくなると考えられます。

エクオール10㎎を3か月摂取することで疼痛緩和に効果が見られました。関節の変形がないまたは変形自体が軽度であればエクオールの摂取により疼痛緩和の改善が期待できます。

肌のしわの改善

女性ホルモンのエストロゲンは肌のはりやつやを維持するコラーゲンを増やす働きをします。よってエストロゲンが減少するとコラーゲンも減少し、肌の弾力が失われます。

深いしわは真皮にまでおよぶため、改善するには真皮に働きかけることが必要です。エクオールは血流を通して肌に到達し、真皮に対する効果が期待されます。

エクオール10mg/日を3か月間毎日摂取したところ、肌のしわが減少する傾向がみられることも報告されています。

薄毛や髪質の改善

女性ホルモンの低下で起こる毛髪への影響は以下のような影響が挙げられます

  • 髪にこしやはりがなくなる
  • 髪につやがなくなりパサつく
  • 髪の太さが細くなる
  • 白髪が増える

エストロゲンは女性の健康や美容を保つだけでなく毛髪の変化においても重要な役割を担っています。エストロゲンと似たように働くエクオールは毛髪の密度と毛が細くなってしまうことを抑制することが報告されています。

そのほか血管機能を改善したり認知機能にも関与することがわかっています。

まとめ

このようなエクオール・サプリメントは、多くのメーカーから商品が販売されています。ただし、すべてが同じ品質であるとういうわけではありません。当院では、より効果的で安全である「エクエルプチ」(大塚薬品)を推奨しており、受付でご購入することができます。

女性ホルモン剤を投与するホルモン補充療法や、漢方療法に抵抗感がある方にはお勧めです。

そのほか、当院では更年期障害の治療にプラセンタ注射NMN点滴エクソソーム点滴による治療もございます。まずは無料カウンセリングにお越しください。

タイトルとURLをコピーしました