お顔が老けない人は何をしているの?

赤ちゃんの肌は毛穴ひとつなく、とても柔らかくぷにぷにしていて羨ましくなりますね。

美しい肌を『赤ちゃん肌』と呼び、赤ちゃん肌を目指してスキンケアなどを行なっている方も多いと思います。

お肌は年齢と共に徐々に年を取ってしまうものですが、同じ年齢だからといって同じように肌が変化するとは限りません。同じ年齢でもお肌のハリも潤いもキープし若々しい印象の方もいれば、年齢以上に肌がたるみ、潤いを失っている方もいます。

その違いは何にあるのか知りたいと思いませんか?

今回は、肌がどのように年を取り、どのようにすれば若々しいお肌をキープできるのかについてお話します。

肌の構成

皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

表皮は外部の刺激、環境から体を守る役割をしています。

真皮にはコラーゲン、水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸、エラスチンが豊富にあり、肌のハリや弾力を維持する役割をもっています。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが肌を美しく保つ三大成分と呼ばれ、この三大成分は真皮にある線維芽細胞という細胞によって作り出されています。

線維芽細胞の働き

肌のハリと潤いを保つには真皮の線維芽細胞がしっかり機能していることが大切になってきます。

私たちの肌は、線維芽細胞の働きが活発であると線維芽細胞が新しい細胞に分化し増えていきます。そして、新しい線維芽細胞がしっかりと働き、肌の三大成分を次々に産生するため、弾力のある健康な肌を保つことができます。

線維芽細胞の活性が低下するとどうなるか

何らかの原因で線維芽細胞の働きが鈍ってきてしまうと、線維芽細胞の分化が衰え、その数も減少し、さらには、産生される肌の三大成分も減少するため肌のハリや潤いが低下します。

線維芽細胞の活性が低下する原因はいくつか挙げられます。

紫外線・・・紫外線の中でもUV-Aは真皮まで到達し、繊維芽細胞にダメージを与えます。

喫煙・・・タバコに含まれるニコチンが真皮に侵入すると活性酸素が発生し、線維芽細胞にダメージを与えます。

・環境汚染への曝露(晒されること)・・・様々な化学物質などの影響によって活性酸素が発生し、線維芽細胞までダメージを受けることもあります。

加齢・・・加齢により細胞も年を取って働きが鈍くなってしまうため線維芽細胞の数が減少し、活性も低下します。

いかに線維芽細胞を元気な状態に保てるかが、エイジングケアにとって大切であり、同じ年齢でも線維芽細胞が活性化されていれば、肌を美しく保つことができます。

銀座美容メディカルクリニック「肌再生医療・美容皮膚科」@ginzabiyou

当院では線維芽細胞を活性化するPRP療法ACRS療法エクソソーム療法や線維芽細胞を補充する線維芽細胞移植などの再生医療、その他の治療を多くご用意しております。まずは無料カウンセリングでご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました